院長、やすらぎが選ばれる3つのポイント

院長あいさつ 小木曽周二

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

りらく整体院やすらぎ院長の小木曽周二です。

やすらぎが開店して7年半が経ちます。

やすらぎの開店のきっかけは、瀬戸で万博があった年に、脊髄に腫瘍ができて体をこわしてしまい手術をしたことがきっかけになります。

幸い良性の腫瘍でしたが、手術をする一ヶ月前には激痛で歩くこともできない状態となり、約半年仕事ができない状態になりました。

そのころの状況は毎日仕事で忙しく、あと、色々なストレスが重なり治療家である私自身が体を壊してしまったのです。

その時に思ったことは体を壊す前にケアをして、メンテナンスをしていかないと自分が痛い思いをするだけでなく、家族や患者様に迷惑かけてしまうこと。

また自分が満足できる技術力がある整体院があまりにも少ないないことにも気がつきました。

私は今でも良い技術セミナーがあると、毎月、東京、大阪に通い自分でもさらに創意工夫してさらに技術をアップをしていきます。

また弟子たちにも伝え、常に良い技術を提供にしていこうと志を立てて行動しています。

しかしこの業界の多くの方は10年前に習得した技術をそのまま使っているのが現状です。

技術職人の目線で、自分が受けても満足できる店、また高い技術を持ちながら「おもてなしの心」があふれる店にしたいという気持ちでやすらぎを作りました。

いくら技術が高くても(心のおもてなし)がなければ施術も半減します。

またこれからも多くの方に愛され、また支持され、満足していただけるように努力してまいります。

やすらぎが選ばれる3つのポイント